太朗の音楽日記

日々の音楽活動に関する覚え書きです。

4月15日~今まで生きてきた中で一番幸せです~

f:id:tarouhan24:20190416121628j:plain

こんにちは、太朗です。
はじまってます。
適応障害ツアー」(説明は、先日のブログにあります)↓
http://tarouhan24.hatenablog.com/entry/2019/04/14/095720

私が生きてることそのものが、
適応障害ツアーなんですね。

さて、
嬉しいことがありました。

「今まで生きてきた中で一番幸せです」(岩崎恭子さん)
と、いうヤツですね。
良い言葉です。

先日、
またまた、京都拾得の
「アコーステック飛び入りライブデー」
に参加したんですが、
客席の方から、
「良かったです」と、
気持ちのこもった1000円札を頂きました。

余りの驚きに、
何て仰って頂いたのか忘れたのですが、
…確か、
「私たちも励まされた」
とか、そんな言葉を頂いたように思います。

MCで、
今の自分のヘンテコな状況をお伝えした、
というのもあるとは思うんですが、

歌って発信して、
それが人の心に響く。
これほどシンプルで、
ありがたいことはありません。

新札なんて、いらねえ。
あの1000円札は、
私にとって、家族にとって、友人にとって、
1000円以上の何倍もの価値があるものになりそうです。

一体どの曲が届いたのだろう?
この日のセットリストは、
1「資本主義」
2「絶対ここから抜けだして見せる」
3「天皇陛下はいらない」改め↓
 「ラストエンペラー

…二曲目、
やっぱり二曲目かなあ?
良かったら聴いてください。
「絶対ここから抜け出してみせる」
オレのヒップホップです。
そういえば、未発表やったな。
動画は↓
https://www.youtube.com/watch?v=yK_BiCN--3E


【♪絶対ここから抜け出してみせる】作詞作曲:太朗

Love music Love music Love music Love music…


絶対ここから抜け出してみせる
絶対ここから抜け出してみせる
絶対ここから抜け出してみせる
絶対ここから抜け出してみせる
イェイ イェイ イェイ

つまらない言葉があふれている
気が滅入る言葉があふれてる
死んだ魚のような目をした 連中
同じような教育
同じような行動
同じような考え
同じような言葉
朝起きてから眠るまで
死んだ言葉があふれている
駅前のヘドロの匂い
キリキリ痛む胃袋
ズキズキ痛む頭 悲鳴を上げる心
連中は今日のオレは何かがおかしいと言うけれど
あんたはこの世の中 
本当におかしいことが一体何なのかを考えたことがあるのかい?
物を考えたことがあるのかい
不満を語ることはどうでもいい
思い出すことすらバカバカしい

なぜなら連中はどこへ行っても
存在するから
この国を根本から変えなきゃなんて
思えてしまうよ
誇大妄想 脱走 オレの想像
いちいち怒鳴り いちいち叫ぶ
まるで軍隊 人間虐待
学校にも会社にも軍隊
それこそがこの国に巣食う悪魔
世界をむしばむ悪魔

絶対ここから抜け出してみせるx4

同じような教育
同じような行動
同じような考え
同じような言葉
そうだ

思い出し怒りに興味はない
恨みごとなんでどうでもいい
オレが人生で
どれだけ苦しんだかなんてどうでもいい
普通のヒップホップがオレにはできないんだ
そんなオレこそが真のラッパー
つまらない言葉を発してどうする
オレのことはオレが一番よく知っている
あなたもそうだろう?
あなたの強さ

あなたの美しさ
あなたが一番よく知っている

どうせなら生きた言葉を紡ぎたい
朝の光のような
心が弾むような
ためらってた一歩が踏み出せるような

Love music Love music Love music

そんな言葉にメロディーを乗せて
出来あがった歌を
自分の声で歌う
できるだけ大声でそれも下手クソに
それがあなたの歌 わたしの歌
ラップでもいい
詩の朗読でもいい
街頭のスピーチでもいい
あなたにしか出せないことば
あなたのその声 その表情
それが歌
世界一の歌
世界一愛される歌
世界一愛されるあなた

絶対ここから抜け出してみせる
絶対ここから抜け出してみせる
絶対ここから抜け出してみせる
絶対ここから抜け出してみせる

オレは誰?
オレは希望
オレこそが真の希望
Love music  Love music  Love music…

絶対ここから抜け出してみせる
絶対ここから抜け出してみせる
絶対ここから抜け出してみせる
音楽の力で抜け出してみせる

Love music Love music Love music Love music…

f:id:tarouhan24:20190416122641p:plain

皆様、どうか私の「適合障害ツアー」を見守りください。

春の適応障害ツアー

f:id:tarouhan24:20190414095514j:plain

こんにちは、太朗です。
今日は、珍しく重大(?)発表であります。

結論から言いますと、
一か月、仕事を強制休暇させられるハメに陥ったんですよ。

実は、ちょっとパワー・ハラスメントを受けていまして、我慢しながら働いていたら、職場で動けなくなり、吐き気と動悸がしてきた~と思ったら、無意識に叫び声を上げていたんですよね。
速攻で帰宅させられました。

さて、どうしたもんかと思い、
翌日心療内科に行きました。
すると、

適応障害のため一カ月の休業を要する」の診断が出てしまいました。

何ということでしょう(加藤みどり)

明日から何するの?
生活は??
復帰できるの??

全く、わかりません。
この急展開に着いていけない、自分がいます。



そこでとりあえず、
旅に出て歌うことにしました。

こんなときに、旅に出て歌うなんて、何を考えているのだという感じなのですが、
自分、別に頭がおかしくなったわけではなく、健康を害しているわけでもなく、むしろピンピンしており体力はあり余っています。

ただ、現時点で仕事に行くことが不可能なだけです。

自分にとって、治療とは歌うことの他にありません(カッコいい!)
本来なら、これを機に、ウクレレ片手にニュージーランドあたりまで自分探しの旅に出たいのですが、43歳にもなると、とっくに自己など完成されていて、探す自分がないんです。
むしろ完成された状態がこれであるということが恐ろしいです。
第一、
毎日家に帰らないといけないですからね。
妻と子供いますし。

ホンマどうしましょう?

仕事を辞めたわけではないから、
仕事を探すのもおかしいし、
精神科医によると、今、仕事を辞めるとか復帰するとか考える段階ではないようです。

ンなこと言われても、貯金もロクにないし、リアルに食べていけないし…
それで、今できることを考えてみたら、

「歌う」

ということになったわけです。


朝ごはんを食べる。

子どもを保育園に送る。

家事をする。

おにぎり片手になるべく交通費のかからないところへ出向いて、歌う。

帰宅して記録する。

ブログやYouTubeで報告する。

保育園のお迎え。

夕食、家事、寝る。

一日の流れとしては、こんなところでしょうか?

これを一カ月続けてみる。
すると、
自分の人生は、
一体どうなっているのだろうか?
わからない。
どうなるのか?
という、ドキュメンタリーでもあります。
これが、
【春の適応障害ツアー】
何か、
JOJOの奇妙な冒険」みたいな、帰納法ですね…。

しかし、どこで歌えば良いのでしょう?
わからない。
オレには何もわからない。
思いつく場所。
伏見大手筋、近鉄大久保駅三条京阪出町柳の三角州、西院のどっか、宇治、京都のライブハウスのオープンマイク、滋賀なら琵琶湖とか、都会の草津とか、大阪…京橋の広場とか。
そんなに行けるわけないですよね(^_^;)
ま、
こんな感じで、思いついたところに行けたら、
良いかなあ。
歌うのに良いとこあったら、教えてください。
選挙の邪魔になる可能性もありますが…

ツアーとか言っても、
日程を組むとかいう性格のものではないので、
ツイッターとかで、
前日に告知して、歌うとか気ままなものになりそうです。

それに、
タイムスケジュール的には、
急転直下でガラ空きなので、
歌わせてもらえるなら呼んでください。

今の時点でしっかり決まってる予定は二つです。
マイペースに告知していきます。

最も大事なのは、生活(小沢一郎)
レコード・メーカーにデモ映像を送ったりもしてます。
歌を買ってくれんだろうか…マジで。

オレの頭は誰よりもおかしいようです。

f:id:tarouhan24:20190414095611j:plain



4月5日~京都拾得で自作曲「♪天皇陛下はいらない」を歌う~

こんにちは、太朗です。
4月5日、
また京都拾得の、
「アコースティック飛び入りライブデー」に参加してきました。

f:id:tarouhan24:20190408235115j:plain

前回の反省を踏まえて↓
http://tarouhan24.hatenablog.com/entry/2019/03/26/231000
セッティングはテキパキと…

自分にしては、ですが。

この日は昼間、
春休み中のムスコと、動物園に行ってたのですが、
そんなムダ話をMC?で交えつつ、
セットリストは…
1「太朗のラップ」
2「この世は女性のためにある」
3「天皇陛下はいらない」
の、3曲。
15分!


作詞作曲は私、太朗ですヨ!

何かね、
この日、
ウケた気がします!

3曲目の、
天皇陛下はいらない」ですがね。

自分は気が小さいので、
この曲を歌う前は必ず、

「右翼、保守の方がいれば、どうか気を悪くせず、聴いていただきたいのですが…」
と、一言付け加えるのですが。

「そら気ィ悪くするやろ~」と、
客席の他ミュージシャンからの声。
ですよね…。

他にも、
「私は、今の天皇陛下好きですよ」
とか、
「オレも、脱原発とかで歌ってるからよ、わかるんだよ。でもな…アンタ直接過ぎるんだよ、こう…例えたり、違う言いまわしにしたりするんだよ。その方が伝わるんだよ」
とか。
なるほど。

人の忠告を素直に聞くのが、オレのロックンロールだ。
「例えたり、違う言いまわしにしたりする」

それ採用。

サビの
天皇陛下はいらない」の所を、
英語にしてみよう。
今度。
(誰か英語できる人教えて)
ミスチルの、
「ラブ・コネクション」みたいで、
カッコええかも知れん。

ちなみに歌詞は↓

【♪天皇陛下はいらない】作詞作曲:太朗

人が人として 生きるには
そのまま人として 生きること
深く考える ことはない 
子どもの頃から 思ってた

悪いヤツに 利用されるためだけに
人の上に立つなんて ボクにはゴメン

天皇陛下はいらない
天皇陛下はいらない
天皇陛下はいらない
天皇陛下はいらない

人に優しくしてみよう
マジメに学び働こう

人生に目的は 必要ない
生き物であれば それで良い

怒った顔も してはいけないなんて
牢屋のカギを 握っているのは誰?

天皇陛下はいらない
天皇陛下はいらない
天皇陛下はいらない
天皇陛下はいらない

君に言葉を 捧げよう
雲ひとつない空を 見上げよう

天皇陛下はいらない
天皇陛下はいらない
天皇陛下はいらない
天皇陛下はいらない

ラララ ララララ ラララ… 」

です。
自分としては、
グラム・ロックのつもりです!
この日この曲の動画もありますので、
是非ご覧ください↓
https://www.youtube.com/watch?v=iJm2WU_lBH4

マジで、
保守・右翼の方、
気を悪くせんといて下さい。
自分も長嶋茂雄信者なんで、
気持ちはわからんこともないんです…

【ライブ告知】
4月18日、
12時半~13時半
京阪伏見桃山駅前で、
またストリート・ライブを気軽にやる予定ですので、

f:id:tarouhan24:20190408234707j:plain

良かったら、
通りすがりに見てくださ~い。
雨天中止。
変更あったら、また連絡します。

ヨロシク!

4月1日~政治と音楽?~

こんにちは、太朗です。
新年度に入っても、
歌にウクレレに頑張ります。

f:id:tarouhan24:20190402101759g:plain

今、
世間は選挙一色というわけで、
昨日、
市会・府会候補で、
再選目指して頑張ってる友人の、
演説会に行き、
応援歌を歌いました。

京都伏見の、
やまね智史さん、
ばばこうへいさん、
ふたりとも、
日本共産党から出てます。

何か、
自分みたいな、
カルチャー小僧(おじさん)が、
唐突に、
共産党候補を応援してますよ、
ってな感じは、
古新しいというか、
結構カッコいいのではないか…、
と思ったりするのですが。
アナクロかな。

当日の動画はリンク先から↓↓↓
私のグダグダの応援スピーチはいいので、
歌は、2分10秒からです。
https://www.youtube.com/watch?
v=VchnY_8spVg&fbclid=IwAR0Dk4ipmlIvZiY1gA8iiR3KFG86mFKSJQ6EyHRu_z0GT6qUl3KaPqYhzts
あ、良かったら、
チャンネル登録とか、
高く評価とか、
お願いします。
まだ誰も登録してないので、
第一号に…。

自分が、
日本共産党個人演説会」
の文字をバックに歌っているのが、
何かシュールです。

歌は、
選挙自体を皮肉った、
ヒドイ内容なのですが、
後半部分を応援歌に変えて、
歌いました。
原曲の歌詞です↓↓↓
よくこんなん、
応援演説会で歌わせてくれたな…。

「♪戦争と選挙はやめてくれ」作詞作曲:太朗

目を覆いたくなる デマ合戦
ネットの言葉は 汚くなるし
目立ちたがり屋は 出てくるわ
世の中変える 主人公気取り

いつの間にやら
なりたくもない
相手と同じ顔に
なっちゃった

戦争と選挙はやめてくれ
戦争と選挙はやめてくれ
戦争と選挙はやめてくれ

だけどやるしかありません
だけどやることありません

自民党にはイヤ気がさしてるし
社会党には腹が立つ
共産党には何故か説教され、
結局はアメリカの所為なのか?

いつの間にやら
なりたくもない
あなたと同じ顔に
なっちゃった

戦争と選挙はやめてくれ
戦争と選挙はやめてくれ
戦争と選挙はやめてくれ

せめて寄付くらいしてみようか
だけどお金もありません


*政治と音楽って何なんでしょうね?
また今度考えます。

4月1日~政治と音楽?~

こんにちは、太朗です。
新年度に入っても、
歌にウクレレに頑張ります。

今、
世間は選挙一色というわけで、
昨日、
市会・府会候補で、
再選目指して頑張ってる友人の、
演説会に行き、
応援歌を歌いました。

京都伏見の、
やまね智史さん、
ばばこうへいさん、
ふたりとも、
日本共産党から出てます。

何か、
自分みたいな、
カルチャー小僧(おじさん)が、
唐突に、
共産党候補を応援してますよ、
ってな感じは、
古新しいというか、
結構カッコいいのではないか…、
と思ったりするのですが。
アナクロかな。

当日の動画はリンク先から↓↓↓
私のグダグダの応援スピーチはいいので、
歌は、2分10秒からです。
https://www.youtube.com/watch?
v=VchnY_8spVg&fbclid=IwAR0Dk4ipmlIvZiY1gA8iiR3KFG86mFKSJQ6EyHRu_z0GT6qUl3KaPqYhzts
あ、良かったら、
チャンネル登録とか、
高く評価とか、
お願いします。
まだ誰も登録してないので、
第一号に…。

自分が、
日本共産党個人演説会」
の文字をバックに歌っているのが、
何かシュールです。

歌は、
選挙自体を皮肉った、
ヒドイ内容なのですが、
後半部分を応援歌に変えて、
歌いました。
原曲の歌詞です↓↓↓
よくこんなん、
応援演説会で歌わせてくれたな…。

「♪戦争と選挙はやめてくれ」作詞作曲:太朗

目を覆いたくなる デマ合戦
ネットの言葉は 汚くなるし
目立ちたがり屋は 出てくるわ
世の中変える 主人公気取り

いつの間にやら
なりたくもない
相手と同じ顔に
なっちゃった

戦争と選挙はやめてくれ
戦争と選挙はやめてくれ
戦争と選挙はやめてくれ

だけどやるしかありません
だけどやることありません

自民党にはイヤ気がさしてるし
社会党には腹が立つ
共産党には何故か説教され、
結局はアメリカの所為なのか?

いつの間にやら
なりたくもない
あなたと同じ顔に
なっちゃった

戦争と選挙はやめてくれ
戦争と選挙はやめてくれ
戦争と選挙はやめてくれ

せめて寄付くらいしてみようか
だけどお金もありません


*政治と音楽って何なんでしょうね?
また今度考えます。

3月25日~あの京都拾得の「アコースティック飛び入りライブデー」に参加する~

こんちには、太朗です。
昨日は、
あのコーヒーハウス「京都拾得」の、
アコースティック飛び入りライブデーに、
参加してきました。

f:id:tarouhan24:20190326230538j:plain

プロではない、
一般の我々に拾得のステージを、
15分間解放してくれている、
40年の伝統をほこる企画です。

その存在は知ってたんですが、
実際、ステージに立つのは初めてでした。
というか、
ライブハウス(拾得はあくまで飲食店ですが)
のステージに立つこと自体、
初めてでした。

でも、温かい雰囲気で、
思いの他緊張しなかったです。
15分間きっかり、
演奏させてもらい、
まあグダグダでしたが、
勉強になりました。

セッティングはテキパキせなあかんな~
とか、
グダグダ喋ってたら15分はあっという間やな~
とか、
ゆっくり弾いた方がええな~
とか、
ステージから客席って、こんなに暗いんや!
とか…

歌っていても、
自分がどういう状態なのかわからず、
「ボクは今皆さんの目にどう映っているのでしょう?」
と、ステージ上から、尋ねると、

「カッコええよ~」
とか、
「シュッとしてるね」
とか、
…皆さん優しい。
もしくは酔っぱらっているのか。

f:id:tarouhan24:20190326233951p:plain

一応セットリストは、
「種」
「花はいらない」
「太朗のラップ」
「ふたりのシェルター」
の4曲。
作詞作曲は全て私、太朗です。

場馴れしていないからか、
ステージを降りてから、
他の出演者に、
ヘンに社交的になってしまい、
それがまた恥ずかしかったです。
自分のパフォーマンスがどう思われたか、
何か言われるのか、
ドキドキしましたが、
ある人が何故か、

「オンナにモテるでしょ!絶対!(原語のママ)」と…。


自分としては?????????????です。


まあ、日記はドキュメンタリーなので、
そのまま記しておきますね。

励ましもあるのでしょうが、
「ラップ良かったですよ~」
とも言って頂いたので、
その曲「太朗のラップ」。
グランジ感丸出しの悪映像ですが、
YouTubeのリンク張っておきます。
自分も最近はすっかり、
ユーチューバーです↓
https://www.youtube.com/watch?v=C44jabYxwP4
グダグダ感が出てると思います。
意外と、
この曲が自分の代表曲になってしまったら、
どうしようと思っています。



素敵な、
女性アコースティック・デュオがいたので、
目ざとくサインを頂戴しました。
一年後、価値が出るかも…

f:id:tarouhan24:20190326225605j:plain

いやいや、
自分も頑張ってブレイクして、
こういう日記も、
後に価値が出るくらいでないとですね。
歌っていきますヨ!
上手に演ることは、自分には無理ですが、
下手を極めることも、また難しいです。

【ライブ告知】
…といっても、
予定はないです。
ただ、来月もこの拾得のステージには、
参加しようと思っています。
先着で競争にはなりますが。
4月5日、22日の夜6時半くらいから。

それと、
統一地方選挙関連で。
4月1日、
伏見の南浜小で夜7時~
日本共産党の、
やまね智史市会議員、ばばこうへい府会議員の応援に、
一曲歌わしてもらう予定です。
こちらもヨロシクです。

3月25日~電気グルーヴという名の桃源郷(シャングリラ)~

電気グル―ヴのメンバーが,
麻薬摂取の罪で逮捕されて、
奇妙な気持ちになっている。

f:id:tarouhan24:20190325022252j:plain

自分は、
結構な電気グルーヴのファンでありながら、
今までそのことを、
あまり人と話したことがなかった。

理由は、
単に周囲に興味がある人がいなかったからだ。

青春時代を送った、
90年代~00年代に、
自分は、
いわゆる、
サブカルチャー的な、
邦楽をほとんどを聴くことができなかった。
別に、
斜に構えていたというわけでなく、
ただただ、聴けなかったのだ。
むしろ、
人と音楽の話はしたかったので、
イロイロ勧めてもらったり、
探したりして聴いた。
フリッパーズ・ギターフィッシュマンズゆらゆら帝国ボアダムススチャダラパー…。
だが、どれもが肌に合わなかった。
「絶対コレ好きやと思うよ!」
とまで勧められても、
ダメだった。
申し訳ない気持ちにすらなった。
何故、聴くことができなかったのか?
理由はたくさんあるだろうが、
彼らの発する音楽や言葉に、
照れを感じたのが、
大きかったのだと思う。
うまく言えないが、
サブカルチャーなんてものは、
ありとあらゆる照れからの、解放だったはずだろうに、
却ってその点がおおきな照れを、
自分に感じさせてしまったというか。
(今ではそんなことはない)

そんな中、
電気グルーヴだけは、
唯一聴くことができた。
彼らの言葉はナンセンスで鋭く、
意味はなく、どうにもならず、
閃きに満ちており、
歌詞における痛みを伴わない暴力性は、
(気持ちが悪いのは誰だ!)
人生の緊張感から自分を解放させた。
ドイツの音楽を真似ていたのは、
彼らだけだったろうし、
サウンド面でも、彼らは唯一無二だった。
聴いて安心できる、存在だったのだ。

彼らの作品の中で、
一番好きなのは
「Nothing's Gonna Change」で、
https://www.youtube.com/watch?v=KeN_VkU3Sn8
これこそ、
彼らの作るどうにもならない詞の中でも、
最もどうにもならないものだった。

「my heart is like a satellite of yours, round round and around you(衛星みたいな私のハート、あなたの周りをぐるぐるまわる)」

だから、何だというのだ。
この曲が美しいメロディと、
機械音でオレの団地のベッドルームを支配するのだ。

どこにも行けない。

それはまさに桃源郷だった、安全圏だった、ユートピアだった。
彼らの唯一のヒット曲
「シャングリラ」のように。
電気グル―ヴは、
だれにも邪魔されることにない精神性であり、
彼らが著作で自らをそう批評したように、
神であり、
無敵だったのだ。



ある意味、
憲法9条以上に平和の象徴だった。
いつのことだったか、
自分が、京都の街中のとあるデモに参加したとき、
(反戦だか、脱原発だか、安保関連法反対だか忘れた)
自分と同じ年齢くらいの、
家族連れのパパが、
電気グルーヴのTシャツを着て、
デモの中に紛れており、
見ず知らずの彼に向かって自分は、
「このデモには、電気グルーヴシャツしかないですよね」
と話しかけた。
彼は、
「そうでしょう!」と嬉しそうに答えてくれ、
自分は多いに納得したものだ。

平和の象徴、電気グルーヴ

なのか?
とすれば、
電気グルーヴにおける平和とは、
石野卓球砂原良徳が作る音楽ではなく、
ピエール瀧が占める部分が、
大きかった気がする。
楽器が演奏できず、音楽家でもなく、
ただそこにいるだけの平和な存在。
(彼が、初めてではないが)
何をしても許される、治外法権的な存在。
だが、そんなものは幻想だということに、
段々自分も気がついていき、
そのうち、
電気グル―ヴも、
すっかり聴かなくなり、
石野卓球のマニアックなソロ作品に、親しむだけとなっていた。

今回の逮捕劇により、
電気グルーヴという名の桃源郷(シャングリラ)は、
完全に崩れ落ちたのだ。
夢見る中年ではいられない。
治外法権などありえない。
決して、
シリアスであってはならなかった彼らが、
シリアスな表情を、世間に露呈してしまったことで、
電気グル―ヴは本当に終わりを告げ、
燃えカスのように残っいてた、
自分の精神的なよりどころとしての、
電気グル―ヴも消えうせ、
安全圏は消え去ったのだ。



麻薬に関しては、
自分は興味がなく、
あんなものは、
金持ちのガキがやるものだと思っている。
ドラッグによる精神拡張には意味がない。
マリワナをやってモノを考えたところで、
「世界を本当の意味でひとつにする、しかも現実的に。なぜなら宇宙には象徴がないから」
とか、
「新しい神は、鳥の中に存在する」
とか、
その程度の平凡なアイデアしか出てこない。
いっそ、
酒すら禁止するべきだと思っている。
ストーンズビートルズもやっている、
みんなやっている、
麻薬やってるやつのCD全部回収したら、
CD無くなる、
とか何とか、
いい大人が言ってるのが信じられない。
何処の誰が、
ドラッグをやっていようが、知らん。
日本の警察は、
ダテに取り締まりをしているわけではない。
警察の判断は正しいし、
オレに麻薬の経験があるかないかは関係がない。



話を、
電気グルーヴに戻す。
電気グル―ヴの作品は、
最近のものでなければほとんど聴いている。
「フラッシュ・パパ」
「UFO」
「ビタミン」
「ドラゴン」
「オレンジ」
「A」
「VOXXX」
「イルボン2000」
「J-pop」
「Yellow」
…「karateka」は聴いていないな。
今回の事件を受けて、
CD等、彼らの作品は回収されていると聞く。
CD屋の店員だった経験からして、
回収されてしまうのは、自然な流れだ。
理由は特に無く、
単に体裁が悪いからだろう。
妙なもので自分は、
彼らの作品が回収されることに、全く心が動かない。
まず、
彼らの主な曲は全て脳内再生できるし、
惜しさもない。
これもCD屋の店員時代の話だが、
電気グルーヴが何年かぶりかで、
新作をリリースしたとき、
自分は張り切って、
彼らの過去作品を仕入れた。
一緒に売れると思ったのだ。
ところが、
売れたのは新作のみで、
自分が名盤だと思っていた、
旧作は全く売れなかった。
貴重な店の返品枠を、
わざわざ仕入れて売れ残った旧作に、当ててしまい、
自分は,
他スタッフの冷たい目線に、
小さくなっていたものだ。
全く、世間知らずだった。
元々、
電気グルーヴは、
後世に残る作品など意図的に作っておらず、
(証拠に名盤がない)
彼らの作品は、
ハナから場当たり的で使い捨てなのだ。
(電気グルーヴに限らず、音楽作品とはそういうものだ。CDは全てが限定盤なのだ。残り続ける作品など、ビートルズのアルバムくらいだろう)
ファンとして思う。
聴きすぎて、踊りすぎて、脳内再生できて、
売れもしない、
電気グル―ヴの作品なんぞ、守る必要などない。
焼き捨ててもかまわない。
なのに、
坂本龍一とか、
今まで電気グルーヴに、何の興味も示さなかった人たちが、
彼らの作品を保護しようとしていると聞く。
自分には、ネット署名まで回ってきた。

この奇妙な逆転現象に、とまどいを覚えている。

そういえば、
「地獄へ堕ちろ電気グル―ヴ」
なんて曲もあった。
(しかも歌詞がない)
自らをとことん客観的に見る、異様なまでの知性。
これこそが、
電気グルーヴの最大の魅力だった。

電気グル―ヴの作品など、
焼き捨てられても、構わない。
ピエール瀧が、
ドラッグと縁を切り、
無事帰って来てくれたらそれで良い。
ドラッグなど有害でしかないことを、
若者に伝えて欲しい。
(大人はダメだ)
もし、自分が彼の友人なら、
単純にそう思うだろう。



【宣伝】
ウクレレの弾き語りやってます↓
https://www.youtube.com/watch?v=eiDFF9bHZ6A
自作の「♪太朗のラップ」
という曲です。
初期電気グルーヴでないけど、
ラップになってない、アコースティック・ラップです。
2コードです!
今はウクレレ弾きですが、
テクノやヒップホップ、ダンス・ミュージックが大好きなんですよね。
それで、こんな変な弾き語りをするように、なりました。
良かったら、聴いてください。

f:id:tarouhan24:20190325022414j:plain

【ライブ予定】
どうしましょう!
特に呼ばれてないので、どこかでまたストリート・ライブやります!
あ、明日3月25日は、京都拾得のオープンマイクに行きます・