読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

太朗のSo What?

世界最強の、主夫ブログを目指します!

考える太朗

完成度が低い

最近、完成度が低いことが、 結構重要だったりする。要は、カンタンな話で、何か行動を起こすとき、少々の不具合はあっても、かかる手数の少なさや、はよ仕上がる方を優先して、とっかかりのメンドくささや、精神的な重荷をゼロにするということだ。 かくい…

蟻を見つめる

たまに、近所の公園にひとり座りこんで、 蟻を見つめ続けることがある。 5分、10分、15分。ひたすら、蟻の動きを見つめ続ける。働いているのもいれば、 ボクみたいに怠けているやつも、いる。ムスコの図鑑を、見てみる。「アリはハチのなかまで、 ミツバチな…

筒井康隆の死

4月8日の朝日新聞で、 作家の筒井康隆が、慰安婦像に性的侮辱表現をして、問題になっているという、記事があった。どのような、ひどい表現をしているのかは、確認する必要がないな、と思った。 何せ、この作家はただ単に、もう古いのだ。20年くらい前までは…

とかくこの世は無責任

♪オレは この世で一番、無責任と言われた男 ガキの頃から 調子よく ラクして 儲ける スタイル! 植木等(イメージ上での)が好きなボクにとって、「無責任」という言葉が、すっかり否定的な意味でしか、使われなくなったのは、寂しい。 ♪とかくこの世は無責…

『オッサン』として生きるということ

『オッサン』それは、この世で一番、どうでもよい存在だ。 あれは、いつの日のことだろう? 子供乗せ自転車をひとりで使って、 近所の生協に買い物に行ったとき、 駐輪場の、何もないところで 勝手にこけ、 自転車の下敷きになったことがある。 すると、70代…

オレは今でも病んでいる

精神を病んでいたことがある。 具体的に言うと、精神科に通院し、投薬治療を長いこと続けていた。 病から抜けかかる頃、自己治療の一環に、 自分が病にかかった過程を文章に起こして洗い出す、という作業をしたことがある。原稿用紙にして、300枚くらいだろ…

存在意義

書こうとしていたことが、手法的にメンドくさくなり、一端中断して、別のことを書くことにする。軽く。そもそも、so what?(だから何?)みたいなことを書いているのに、手法に凝って、行き詰る意味がわからない。昔、友達が軽い気持ちで家でラーメンを作り…