太朗の主夫日記 ~So What?~

世界最強の、主夫ブログを目指します!

主夫入門2~落合信子さんに学びたい~

前回、主夫入門~傷だらけの天使~という、記事を書いたのだが、今、ちょっと読み返して見て、あまりの生ぬるさに、自身に少々ヤキを入れなければならないと、思い立ち、補足的に‘2’を書くことにする。前回、記した、主夫としての心がけは、 主に、家事・育…

主夫入門~傷だらけの天使~

今日なんですけど、 ちょっと嬉しいコトに、保育園のママ友(オレが一方的に、そう思っているだけで、向こうは、友達などと、思ってはいない)が、どうも、ウチのダンナが、主夫になりたく、実行に移すようだ、つきましては、顔を合わせた時にでも、イロイロ…

私の孤独と、セカンド・レイプ

今回のテーマは、 重いかもしれない。ある種の救いを、人に与えるかも知れないが、ひょっとして、深く傷つく人も、いるかもしれない。 私は、 血縁関係と、全て絶縁している。全ての血縁関係と絶縁=元母(努力しても、この言い方が限界)との絶縁だ。なぜ、…

主夫日記5月29日、30日 ~育児ノイローゼ?~

日記って、書くんメンドくさいですよね… 疲れて、テキトーに、書いてしまいそうだ…何が疲れるというと、やっぱ、子育てです。何回目かの、育児ノイローゼ、かもしれないです。(ごくごく軽度の)新一年生の、ムスコ6歳。新年少の、ムスメ3歳。ムスメの布オム…

私は、恋愛経験豊富か?

恋愛について、 何度も、語ろうとする人間ほど、愚かなものはない。私のことですね。恋愛が、 うまくいけば、ゴルフでいうところのホールインワン。それで終了、大成功。おしまい。あとは、世のため人のために、役立つ生き方をすればよい。私の恋愛は、全て…

お仕事募集

こないだですね、 大好きな、友人のバンド「nanaoto」のベスト・アルバムが出たんですけど、誇らしいことに、アルバムのレビューを書かせてもらったんです↓ nanaoto1.exblog.jp 最近の情報としては、7月、長野で行われる、 happy farm music festival 2017に…

太朗's カフェは、今日も客が来ない

不定期営業の、太朗'sカフェ。今日も、絶賛営業中でした。(大抵、やっています) 太朗'sカフェに、ついては、こちらを↓ tarouhan24.hatenablog.comしかし、今日も、客が来なかった…常連の、アンダーツリーすら来ない。寂しいので、客がいたときの、前回と同…

主夫日記5月14日 ~三枚の絵~

軽く、行きます。 以前、ムスメが「お父さん、ミッちゃん(ムスメのこと)、描いて!」と言うので、リクエストに答え、テキト~に描いたところ、思いがけず、何とも言えん、イイ感じのフォルムに仕上がったので、保存版として、残しておいた↓ ムスメも、これ…

太朗’sカフェは、いつでも営業中

私は、『太朗’sカフェ』主人の、半浦です。 子どもを保育園に送った帰り道、京都は東南部の、どこかのコンビニの駐車場にて、あなたを、お待ちしています。 カフェを開いて、はや半年。 全く、客が来ない。やはり、何も出さないから、だろうか?いや、1人…

改めて、自己紹介

自己紹介が、荒いとよく言われる。確かに、いつもテキトーに答えてる。下手をすれば、「通行人です」とか言っている。いいかげんにしろ。誰なんだ? 誰なのかわからない。何をやっているのか、よくわからない。確かに、不親切だ。けど、面倒なのだ。自分のこ…

主夫日記 4月21日、23日 ~親子遠足と町内会~

本当、トランプ大統領が就任してから、世の中、以前にも増して、キナ臭くなり、理不尽なニュースが多いですね。あまりにも腹が立つので、頭が、働かない。今日は軽く書きます。こないだ、ありがたいことに、「ブログを読んでいる」と声をかけてもらい、特に…

茶色い小さな、紙袋

バイト先の先輩が、 ボクに言った。可愛らしい女の子が店に来て、「あなたにこれを」 と言って、去っていったよと。 茶色い小さな、紙袋。 袋の中には、YMOのCDと道路標識のレプリカが入っていた。CDは、ボクが彼女の家に置いてきたものだった。道路標識に驚…

主夫日記4月20日 ~参観日とPTAと町内会~

今日は、ムスコの学校の参観日。 昨夜、夜中の3時まで、天皇制について、思いを巡らすという、かなり、精神衛生に悪いことをしてしまったので、心も体も重い。家を出る直前に、胃まで痛くなり (ちょっとだけですが)濃いめのインスタントーコーヒーを、 極…

もしボクが昭和天皇なら

10代の頃、公園で好きな女の子と二人、ブランコに揺られながら、会話していた。女の子が、「なんで、天皇っているの?」 と、ボクに尋ねてきたので、ボクは、精一杯のムズカシイ言葉を選び、「せいぶつがく(生物学)的におかしいね」と答えた。二人、ブラン…

完成度が低い

最近、完成度が低いことが、 結構重要だったりする。要は、カンタンな話で、何か行動を起こすとき、少々の不具合はあっても、かかる手数の少なさや、はよ仕上がる方を優先して、とっかかりのメンドくささや、精神的な重荷をゼロにするということだ。 かくい…

主夫日記4月16日 ~びわ湖音楽祭で踊りそこねる~

滋賀が好きだ。びわ湖を見てると、「あなたの全てを愛してます!」と叫びそうになる。それくらい、好きだ。3周連続、週末は滋賀で過ごす予定だ。でも、京都も好きだ。とんだ二股野郎だ。16日の日曜、びわ湖音楽祭に行ってきました。ボクは、滋賀のビックイベ…

蟻を見つめる

たまに、近所の公園にひとり座りこんで、 蟻を見つめ続けることがある。 5分、10分、15分。ひたすら、蟻の動きを見つめ続ける。働いているのもいれば、 ボクみたいに怠けているやつも、いる。ムスコの図鑑を、見てみる。「アリはハチのなかまで、 ミツバチな…

主夫日記4月13日 ~頑張らない父親 ニート主夫~

~前回の続き 小学校に入学したばかりのムスコが、 友達のR君に会いたいがため、学童に遊びに行くと言ってきかない。とにかく、ひとまず、行ってみることにした。…実は、学童に来るのは、初めてではない。R君一家と共に、説明会に来ていたのだ。(現地集合で…

主夫日記4月12日 ~新一年生だ 頑張るムスコ~

入学式の日の丸・君が代で倒れそうになった、父を尻目に、マイペースに、新一年生生活を送ってるムスコ、…と思いきや、中々、葛藤してはりました。給食が、まだ始まっていないので、12時前くらいに、集団下校で帰ってくるのだが、下のムスメの保育園のお迎え…

主夫日記4月11日 ~暗黒入学式~

朝から、何かイヤな予感がすると思ったら、今日はムスコの小学校の入学式だった。オレは式典が苦手だ…思えば、大学の入学式。 黒いタートルネックに、スラックスみたいなズボンという、スティーヴ・ジョブ○みたいな、方向性のわからん服装で、参加しよーとし…

筒井康隆の死

4月8日の朝日新聞で、 作家の筒井康隆が、慰安婦像に性的侮辱表現をして、問題になっているという、記事があった。どのような、ひどい表現をしているのかは、確認する必要がないな、と思った。 何せ、この作家はただ単に、もう古いのだ。20年くらい前までは…

失恋のしようがない

手品師が、いきなりタネ明かしの話から、始める気分です。 以前、友人何人かに、「自分はいつも失恋状態だ」と話したことがある。それは単に、その時、自分の周りに渦まいていた感覚を、正直に表現しただけのことだったのだが、具体的に「失恋状態」って何な…

主夫日記4月6日 ~ファミリー・アフェア~

スライ&ザ・ファミリーストーンの曲の話では、ありません。うちの家の話です。こないだ、子どもたちに、ブチ切れました。ブチ切れるのは、しょっちゅうのコトなんですが、今回は、かなり激しかったです。切れた理由は、子どもたちが、ボクの作った晩飯を食…

主夫日記3月20日 ~何もない、春の午前~

午前中、 気分転換に、コンビニへ行って、立ち読みをしていると、「お父さ~ん」と言いながら、ムスコがやってきたので、びっくりした。「お母さんに、ちゃんと行くって言ってからきたのか?」ときくと、「ちゃんと言ってきた」と言う。二人で、つくしをとり…

主夫日記3月20日 ~ええねん~

私は、いつでも悩んでいる。 明日の朝に食べるお米を、二合半にするか、三合にするか?降水確率が30パーセントなので、洗濯物を外に干すか、中に干すか?全ての部屋に、ホウキをかけるか、手抜き掃除の日にするか?ゼ―タクに、ドリップコーヒーにするか、イ…

とかくこの世は無責任

♪オレは この世で一番、無責任と言われた男 ガキの頃から 調子よく ラクして 儲ける スタイル! 植木等(イメージ上での)が好きなボクにとって、「無責任」という言葉が、すっかり否定的な意味でしか、使われなくなったのは、寂しい。 ♪とかくこの世は無責…

『オッサン』として生きるということ

『オッサン』それは、この世で一番、どうでもよい存在だ。 あれは、いつの日のことだろう? 子供乗せ自転車をひとりで使って、 近所の生協に買い物に行ったとき、 駐輪場の、何もないところで 勝手にこけ、 自転車の下敷きになったことがある。 すると、70代…

父が死んでから、20年近くたつ。あれは、ダイアナが好奇心に惨殺された日だっただろうか?少し、日がずれていたか…?8月の終わり。暑かった。父はその時代の人としては、背が高く(178センチあった)同級生の子供たちは、皆、彼を見上げ、 「おっちゃん、2…

オレは今でも病んでいる

精神を病んでいたことがある。 具体的に言うと、精神科に通院し、投薬治療を長いこと続けていた。 病から抜けかかる頃、自己治療の一環に、 自分が病にかかった過程を文章に起こして洗い出す、という作業をしたことがある。原稿用紙にして、300枚くらいだろ…

主夫日記1月22日 ~料理バンザイ~

つい最近、料理がキライだ、とか書いた気がする。それが、こないだ、とむやんと喋ったことがきっかけで、料理が好きになってしまったかもしれない。料理ギライは、特に治す必要性も感じていなかったし、「料理ギライの主夫」というのも、変わり種で何となく…