太朗のSo What?

世界最強の、主夫ブログを目指します!

主夫日記1月14日 ~ガマンしない方法~

 

昼間は、予報ほどの大雪でもなかったので、

子供二人を連れて、藤森のツタヤまで、DVDを返却しに行った。

車中、ムスコが私に「のどが乾いた」というので、
「すぐ帰る思て、持ってきてないわ。ガマンして帰ってから飲も」

と言った。

「わかった、ガマンする」とムスコは言った。
その一言が妙に気になり、
「ガマン、嫌か?」と尋ねてみた。
「ウン、ガマンいや。だいちゃんガマンばっかりしてる!」とムスコが言った。

 

最近、気にしていたことだった。ここのところ、私は妙に自分の思うままに動きたい衝動にかられていて、ムスコがそれに呼応するように、聞き分けが良かった。

 

「ガマンばかりしている!」

というムスコの嘆きは重く、罪の意識にかられた私は、ツタヤの駐車場に到着してから、
「そしたら、喫茶うずらに行って、ジュースでも飲もか?たまにはフンパツするから」と、ムスコに言った。
「…だいちゃんはDVD借りて、ジュース、コンビニで買って、帰りたいんやけどな」

と、ムスコは不満気に言った。
その一言に、私は急にカチンと来た。

ムスコに気を使って、腹をくくってフンパツしようとしたのに…。
気まずい空気が流れて、しばらく沈黙した。
「わかった、そしたらうずら行かんとこ、そやけど、そしたら今日はツタヤで何も借りんとこ!」と私は、軽くブチ切れて言い捨てた。

「何で~」とムスコは言う。
それはそうだ、毎週土曜にツタヤに来て、DVDを借りて帰って見るのは日課になっている。何故、それを急に止めるのか?ムスコが思うのは当然だ。私自身、何故自分がそんなことを言い放ったのかわからない。
ちょっと冷静になろうとした。
「う~ん、何やろ?お父さんは、うずら行きたかったけど、だいちは行きたくないんやろ?それがお父さんイヤやねんな。ツタヤに来たから、そんな思いするわけやん?何でツタヤに来たか言うたら、借りるからやん、だから借りんとこ」

と、よくわからないことを言った。
「うん、だいちゃんもう眠いわ」と、ガマンというよりかは、眠気に耐えられなくなったムスコはそう言った。
帰りの車中、二人ともが寝てしまい、自分のとってる行動は、一体何なのか考えながら、無意味に車を走らせ、途中、コンビニでコーヒーを飲み、頭を冷やして考えた。
(何のことはない、喫茶うずらに行きたかったのは、自分だ。子供たちのことなど、考えていないではないか、何故自分は最近こうマイペースなんだろう?)


近頃の、ムスコとの遊びのほとんどが、DVDに出てくるヒーローをマネた、対決ごっこである。子供がウルトラマンや戦隊ものに興味を持った当初は、対決ごっこも新鮮で面白かったが、いい加減飽き、毎週ツタヤに行くのもイヤになっていた。
何もかもが、イヤになっていた。

 

帰宅後、起きてきたムスコに私は言った。
「だいち、お父さんも、だいちも面白いこと探さへんか?」
これはもうムスコへの『相談』だった「お父さん、だいちと対決ごっこしてて、楽しいときもあるけど、正直、楽しくないこともあるねん。お父さん、古いウルトラマンはわかるけど、新しいウルトラマンはわからん。お父さんはお父さんの好きな世界があるし、だいちはだいちの好きな世界がある。そやし、なるべく、二人ともが楽しくできる遊びを探さへんか?」
するとムスコ、
「ン~しょうがないなア、冒険ごっこしよう!」と言い、階段を昇って行った「お父さん!上がってこんといてや~」と二階から叫ぶ。
OKが出たので二階に行くと、
「お父さん、二階からは海やで、泳がなアカンねんで」と彼の考えた世界に変化してることを説明する。何やらいろんな仕掛けを作っている。紙切れで作られた、岩石をめくると、刀がかくされていて、それを握ると怪獣に変身できると言う。
結局、対決ごっこに戻ってしまったのだが、いつもより、面白く感じた。

(ムスコに、もう少し心を開いて向きあおう)そう、思った。
どうやら、子どもの意図をしっかりと聞く父親から、面白くないことを正直に告げて、協力して、面白いことを探す父親に変化してきているようだ。

微細なことだろうが、多くの時間を子供と過ごしているから、気付かせてもらえることなんだろうな、とも思う。こうして、毎日毎日向きあえるのは、あとどれくらいかな。もっともっと、子供と向き合いたい…

 

f:id:tarouhan24:20170115000735j:plain