読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

太朗のSo What?

世界最強の、主夫ブログを目指します!

茶色い小さな、紙袋

 

バイト先の先輩が、

ボクに言った。
可愛らしい女の子が店に来て、
「あなたにこれを」

と言って、去っていったよと。


茶色い小さな、紙袋。

袋の中には、
YMOのCDと道路標識のレプリカが入っていた。
CDは、ボクが彼女の家に置いてきたものだった。
道路標識に驚くよりも、
彼女が今頃、
ボクを尋ねてきたということに、
驚いた。
顔を合わせていたら、
どうなっていたのだろう?
紙袋は、

最初から、ボクに手渡すのではなく、
人づてに、渡すために、
用意されていたように見えた。
彼女は、
尋ねて来ても、ボクはそこにいないことを、
わかっていたに違いない。
なにせ、ボクは彼女を何十年も、
探し続けて、
一度も会えなかったのだ。
彼女から、ボクの動きは筒抜けだったが、
ボクは、一度も彼女の姿を捕えることはできなかった。


不思議なことは、
彼女と暮らしたことがある、
と、いうことだった。
彼女はある日は、
ボクを殺したいくらい、憎いと言い、
ある日は、
太陽が落ちてくるほど、ボクを愛していると言った。
ボクは、ずっと彼女に罪の意識を感じていた。


やはり、一緒に暮らすべきではなかったのだ。
彼女との思い出は、
まるで、甘ったるい悪夢のように、
ボクを支配し、
そこから逃れるためには、
ボクは、死ぬしかない。


なぜ、彼女は、バイト先にまで、

ボクを尋ねてきたのだろう?
ボクはあの頃、いつでも、ふたりの問題の解決を求め、
地獄から最速で逃れる方法を、毎日のように、

彼女に提案しつづけていた。
地道で、実直で、建設的な努力だった。
それが、致命的な間違いであることに、
気づいたのが、今日だった。
少しは、恋愛マンガでも読んでおけばよかった。
こんなに、よく聞くような話に、良い歳になるまで、
気づかないなんて!


彼女は、ボクに何も求めていなかった。
何となく、時は過ぎていくだけだったのだ。
救いは、全く見当違いの方向からやってきて、
ボクはそこには、存在しないのだ。

彼女が、解決を求める日というのは、
ボクにとっても、彼女自身にとっても、
わけのわからない日にやってくる。
おそらく。
ボクには、ただの、気まぐれに見える。


ある日彼女は、解決を求め、
ボクがいないことを見計らって、
ボクが辛い労働をしている、
アルバイト先にやってきた。
茶色い小さな、紙袋ひとつ抱えて。

 

ボクには、解決できる物事などなかったのだ。
ボクには、愛する人を救うことができないのだ。
誰かにとっての救いは、いつもその人の死角に存在する人。

こんなに、良く聞くような話がわかるまでに、
どれほどの時間がかかったのだろう?
わかっていると思いこんでいたことが、
何もわかっていなかったのだ。

どうやって生きていけば、良い?

 

彼女から受けた、

無数の恩恵のひとつ。

甘ったるい悪夢から生まれた
副産物。
唯一の救い。

何十年もたって、
彼女をほんの少しだけ、理解したことが、
今のボクの苦痛を、ほんの少し和らげてくれること。

ありがとう、本当にごめんなさい。
いまだに意味が、わかりません。