太朗のSo What?

世界最強の、主夫ブログを目指します!

主夫日記 4月21日、23日 ~親子遠足と町内会~

f:id:tarouhan24:20170426021009j:plain

本当、トランプ大統領が就任してから、
世の中、以前にも増して、キナ臭くなり、
理不尽なニュースが多いですね。
あまりにも腹が立つので、
頭が、働かない。
今日は軽く書きます。

こないだ、
ありがたいことに、
「ブログを読んでいる」と声をかけてもらい、
特に、PTAや町内会のことが、
共感できるという感想をいただいて、

嬉しく思いました。
皆、イロイロと思うところが、あるのだなあ。

 

 4月21日 親子遠足

親子遠足に参加するのは、初めて。
卒園したムスコは、お母さんと一緒に行くと言って
聞かず、連れ合いは有給をとって参加していた。
ところが、下のムスメは、絶対に、

お父さんと一緒が良いと言う。
それは嬉しいのだが、遠足に参加するのは、憂鬱だ。
自分は保護者の癖に、保護者の集団というやつが、苦手なのである。
幸い、バスの隣の席が、
友人のケーキ屋さんの、
アンダーツリーだったので、退屈はしなかった。
この保育園では、
遠足のバスの中で、
保護者会のクラス委員や役員を、話し合いで決めている。
ボクは、ほとんど、保護者会を永久追放されている身なので、
(理由については、またあらためて書きます)
誰も話しかけも、推薦もせず、
先生などは、ボクから目をそらすほどだ。

目的地の太陽が丘に到着。
気持ちの良い、
芝生と遊具の広場である。
親子遠足に関しては、
パパが、参加してるトコもある。
とはいえ、30人くらいの子どもの数に対して、
ボクを入れてパパは4人。
まだまだ少ない。

 

ムスメは腹を減らし、
到着早々、お弁当。
すると、すぐ横にも、
数少ないパパさんが、ムスメさんと一緒にお弁当を、
広げている。
知らない顔でもないので、
「何か…孤独ですね」と声をかけてみた。

(モ少し、明るい声のかけ方もあるだろうに)
このパパさんの、お連れ合いから、
彼が「主夫」というものに、興味を持っていると聞いていたので、
「○○さん、主夫やりましょうよ~」と、リクルートしてみる。
「ヒマになったり、しないんですか?」と、言うので、
「イヤ、何かと忙しいですよ」と答えてしまったのだが、
イカン、
リクルートの基本は、楽しくラクだということを強調することだと
思い直し、
「いやいやいや、本当のところはラクなんですよ。ボクなんて毎日、
ブラブラしてるだけですから、ラク!ラクですよ~主夫良いですよ~」
と、無理やり軌道修正。
しかし、言ってることは、
あながちウソでもない。
このパパさんは、国家公務員をやってはるというから、
そこから主夫に転向した日には、
なおのこと、バンザイだ。
(勝手にこんなことを書いて良いのだろうか?)
まあ、まだおっぱいを飲んでいる、
赤ちゃんがいるというので、
すぐには、ムリということだが。
ボクも、さすがに、
子どもがおっぱいを飲んでる頃は、
主夫ではなかったなあ。
連れ合いが、
母乳を冷凍してたのを思い出す。
あんなん、タイヘンやったやろうなあ~
と、今思う。

4月23日 町内会の臨時総会

朝の10時。
議題(この言い方自体が、何かイヤだ)
防犯カメラの取り付けについて。
市から、補助金を出してもらうか、
業者に直接頼むか、
窓口は誰が担当するか、
云々。
取り付けそのものに反対していた↓

tarouhan24.hatenablog.com


ボクは、最初から、カヤの外だ。
挙手で議題はひとつひとつ決定されるが、
ボクは一度も手を挙げなかった。
特に、何とも言われない。
村八分になったというわけでもなく、
「防犯カメラなんて、ずっと見られてるみたいで、
イヤやね」と、そっとボクに耳打ちする人もいる。
多数決の力には、かなわない。
ひとりでも、共感してくれれば、
そこから何かが、変わるかもしれない。
まるで、国会における野党か。
意見を通すには、数の力しかないということになる。
味方の数が欲しくなる。
これは、選挙にかける気持ちみたいなもんかな。
すると、数を取ることに執着しなくなったら、
政治意識いうもんも、終わりなんやろな、
と、思う。

 

防犯カメラ。
どうも、皆、騙されやすすぎるように、
思えて仕方がない。
村社会の改革者にでもなるか?
これからの重要な課題なのか?
でもそんなことをしてたら、
気力が、もたない。

地上の村は、あまりにぬかるんでいて、
遥か遠くのトランプに、声は届かない。
自分にできることを見定める。
その日一日をかけて、

少しだけ、掴む。

そして、また明日がやってくる。
それしかない。