太朗のSo What?

世界最強の、主夫ブログを目指します!

主夫入門~傷だらけの天使~

f:id:tarouhan24:20170607014256j:plain

今日なんですけど、


ちょっと嬉しいコトに、
保育園のママ友
(オレが一方的に、そう思っているだけで、
向こうは、友達などと、思ってはいない)が、

どうも、ウチのダンナが、
主夫になりたく、
実行に移すようだ、
つきましては、
顔を合わせた時にでも、
イロイロ教えて上げてください、
と、言うではないか。

自慢ではないが、
私は、41年間の人生で、
人にモノを教えたことなど、
一度もない。

「わかりました!教えましょう」
と、俄然ハリキル。
(こういうタイプの人間が、一番危ない)

「子どもが、何歳の頃から、主夫やってはりました?」
と、尋ねられ、

イチから思い出して、教示しようとしたのだが、
全く、記憶がない。
リアルな世界では、
自分が、今現在の、記憶しかない人間だということを、
すっかり忘れていた。

しかし、こうして
書きとめる作業をしたら、
話は別だ。

記憶あるうちに、
「主夫入門」と、
大げさに称して、
後世に残る、記録としよう。

~主夫入門~

【メリット】

…まず、精神衛生に非常に良い。

主婦は、ただ風景扱いされるというのに、

主夫をやっていると、
「感心」「進歩的」「男性なのに、よくやるね」
などと、何故か妙に褒められる。
この時点で、+10ポイントだ。


それに、絶対数で言うと、

まだ、かなり少ないジャンルに
手を出すというのは、
経済的な立地点から見ても、

かなりの、プラスポイントとなるはずだ。
(具体的なことは、知らない)

【メリット2】

…出だしからして、セコイ。


セコイ奴だと、みんな言うけど、
男カンバン、背中でモンモン。


育児の、一番タイヘンな時期は、
生まれてから、1歳くらいまでだろう。

人にも、よるだろうが、
1歳過ぎくらいまでは、
どうしても、母乳を飲ませるし、
さすがに、この時期の、
子育ては、女性が中心となる。

この1年に比べたら、残りの17年など楽勝である。

ラクなとこだけ取った上、
妙に褒められる。
これは、良い仕事ではないか。

もう一度繰り返して言っとこう。


主夫は、ラクな上、褒められる

 


さて、ここからは、
偉そうに、
主夫としての、心掛けである。

え~、
まず、

 

【禁酒・禁煙・禁ドラッグ・禁無駄話】

禁酒…絶対である。そんなことしたら、仕事に支障がでる。
   出先での「チョット一杯」に応じて、ベロベロになり、
   夕方以降の家事・育児を放棄するなど、もっての外である。
   晩酌・寝酒も禁止。翌日朝の家事・育児に支障がでる。

 

禁煙…当然中の当然。

禁ドラッグ…父が子を抱っこしている、ニューエイジな雰囲気に
      飲まれて、マリファナや麻薬に手を出し、
      ワケのわからん、新しい価値観を見出すなど、
      もっての外である。その辺りは、ロジャー・ダルトリーより、

      厳しい。

      

禁無駄話…男性は、多くの女性と違い、同時進行ができない。
     なので、無駄話など、厳禁である。そもそもそんなヒマが
     あれば、仕事に回す。その辺りは、「ドカベン」の練習風景より、
     厳しい。  

 

この4つは前提として…


あとは、

 

美容も大事ですね。

 

パートナーがいる場合、恥をかかさないためにも、
小奇麗で、清潔にしておく必要があります。

大抵の男性は、多くの女性と違い、
戦うための化粧を、必要としません。

そのぶん、めちゃめちゃラクです。

可能な限り、
外見に気を使いましょう。

無精ひげで外に出るなど、もっての外です。
異臭のしない、シャツを着用すること。

腹筋×50回 腕立て伏せ×30回
最低、朝晩、合わせて2セット。


男マリリン、何処へ行く行くです。

 

朝食は、食べません。
そんなことをするくらいなら、
子どもの朝ごはんを、とっとと用意しましょう。
時間が勿体ない。
食べるなら、生トマトに塩をふりかけて。

 

ゴミ捨て、古紙の処分は、全てやりましょう。当然です。

食料品、日用品、子どもが、学校や園で必要なもの、
買い物は全て、担当しましょう。しかも、良いものを安く。
当然です。

外出時、場所場所の移動は、必ず小走りで。
宅急便方式です。
誰も見ていなくても、サボってはいけません。

 

パートナーが出先で仕事をしている場合、

絶対に、ストレスを与えてはいけません。
家事育児の手伝いをさすなど、もっての外です。

食事は当然、
栄養バランスを考慮した、
美味のモノを、出しましょう。

子どもを風呂に入れましょう。


布団の用意をしましょう。


洗濯物をたたみましょう。


子どもの宿題をみましょう。
子どもの「明日の用意」に立ち会いましょう。


洗いものをしましょう。


子どもの歯磨きと、ドライヤーをしましょう。


朝食の用意をしておきましょう。

パートナーの仕事の話には、丁寧に耳を傾け、
インスピレーションを与えるような、
知性ある答えを、心掛けましょう。

パートナーが女性の場合、
「月のものの不安定」
に備えても、無駄です。
先回りは、役に立ちません。
計算などせず、
ひたすら、サンドバックになりましょう。

PTA、保護者会、町内会、すべて矢面に立ちましょう。
面倒くさい、人間づきあいに、パートナーを巻き込むなど、
もっての外です。


すき間時間に、
金を稼ぐ工夫をしましょう。
ただし、その事によって、
パートナーの仕事を妨害しては、いけません。
おいしい仕事にゃ、心ヒクヒク。
取れるもんなら、アブク銭々です。


こうして見ると、
ほとんど、主夫に安らぎというものを、
与えていませんね。


これでは、男尊女卑が、
女尊男卑に入れ替わっただけで、
やってることは、
日〇会議と一緒です。


しかし、これで良いんです。
何百年、積りに積もった、
古臭い歴史。

中々、ひっくり返らないのは、
「男女平等」などと、
生ぬるいことを、言ってるからなんです。
女尊男卑」

くらいに、はっきりバーストしないと、
いつまでも、
同じ世の中です。
それで、いいんでしょうか?

あらためて、
書いたことを読み返してみましたが、
甘いです。

まだまだ、まだまだです。
厳しさが、足りないです。

さあ、ボクと一緒に楽しく、
主夫しませんか?

*文中、所々に、ドラマ「傷だらけの天使
の、要素を取り入れてます。
よろしくお願い致します。