太朗の主夫日記 ~So What?~

世界最強の、主夫ブログを目指します!

子連れでの政治参加について

f:id:tarouhan24:20171101145637j:plain


2017年、
歴史に残る、馬鹿馬鹿しい発端で始まった、
衆議院選挙も、
イロイロあった。

前回のブログで、
自分なりの総括もしてみたのだが、
さらに、個人的な総括として、
「子連れでの政治参加」に纏わる、
貴重な体験をしたので、
記しておこうと思う。

選挙中ともなると、
政治や社会問題に関する、
様々な勉強会、演説会、集会がある。
とある集まりに、
聴衆として参加したときのことだ。
一緒に連れていった、
ふたりの子どもが、会場内で予想外に騒ぎ、
遊び、
多くの方から、お叱りを受けてしまった。

集会には、
積極的に参加したわけではない。
主催の方から、


「参加人数が少ないから、是非、子どもと一緒に来てくれないか」

と、誘われたのだった。


その日は、雨だった。
子ども連れで参加することは、
むしろ困難だった。
しかし、
私は、子どもの声が会場に響くことは、
賑やかしになると考え、
少々の無理をして、参加したのだった。

「賑やかしになる」
と、いう考えを、
奇異に思われる方も、
いらっしゃるかもしれないので、
補足をすると…。

まず、
主催者は、
よく知っている男性で、
別の会では、
彼の紹介で、私が登壇させてもらったこともある。
登壇し、話す立場であったときは、
子どもを連れていることが、
むしろ、
温かいムードを演出する、
アクセントに、なっていた。
(単なる主夫が登壇するということも、ウリだった)
スピーチする、私のまわりを、
子どもが走り回り、
まとわりつき、時には邪魔をする。
本や、おもちゃを持たす必要もなかった。
周りの方は、優しく対応してくださり、
子どもたちには、飴をくれたりした。
だが、
動き回る子どもたちにを、
放置して良いわけでも
ない。
所々で、
私は、
「お騒がせして、すみません」
と、お詫びの言葉をかける。
「良いんだよ」
と、言ってくださり、
嬉しく思ったものだった。

今までが、
こんな調子だから、
私も主催者も、タカをくくっていた。
子ども連れで、集会に参加することに、
手応えを、感じていた。
何となく(これがいけない)うまくいっている。
子どもたちと、聴衆の大人たちが、空間を共有できている。
形になっている。


油断であった。

この日は、違った。
いろいろなことが、違った。

会場は、
公立小学校の体育館だった。
充分な広さはあるのに、
入場した瞬間、
何故か、妙な密室感を感じる。
見渡して見ると、
「参加人数が少ない」
と、いう主催者の言葉とは裏腹に、
用意された長椅子が、
満席になる程度に、
人は入っていた。
密室感の理由は、
それだけではない。
客層は、
ほぼすべてが年配の方で、
子どもを連れているのは、
私だけ。
皆、食い入るように集中して、
登壇者の言葉に、耳を傾けている風に見える。
もうひとつの誤算は、
この体育館は、音の反響が大きく、
子どもの声が、かなり響いた。
(築年数の問題なのか?同じ公立小学校の体育館でも、学校によって違う)
さらに悪いことに、逃げ場というか、
別スペースもない構造の、体育館だった。
(これも、学校によって異なる。広い別スペース付きの体育館もある)


「帰りたい」


私は、思った。
本やおもちゃを持たずに来たことを、
後悔した。
だが、請われて来たという自覚もあった。
もう少し、様子を見よう。
外は雨も降っている。
到着したばかりで、
子どもにも、
すぐに帰ろうとは言えない。

認識の甘さが、露呈してくる。
この日、
子どもたちは親の目から見ても、
普段以上に興奮状態で、その勢いは強すぎた。
子どもの興奮には、
理由などなく、
波を読むことなど、できない。

客席を占めている
ほぼ、年配である、
傍聴者の方。
話のひとつも聞き漏らしたくない方、
おられるだろう。
登壇者の話を聞きとるだけでも、
大変な方も、おられるだろう。
体調が、良くない方もいるかもしれない。
ひょっとしたら、外出が困難で、
この日に、
賭けて来場した方も、おられるのかもしれない。
明らかに、我が子が傍聴者にストレスと、苦しみを与えている。
(ように見える、しか見えない)
冷たい視線を、感じる。

何とか、子どもたちを、
なだめて落ち着かせようとする。
このラインからは、出てはダメ。
静かに。
だが、強引に連れてきたのだ、
あまり厳しく言うと、
子どもにも、申し訳ない気がする。
それに、親が怒鳴る声が響く
方が、
より、
傍聴者にストレスを与えるかもしれない。

スタッフの方は、

「昔は演説会なんかでは、子どもがたくさんいた。走り回ったり、ヘタをしたら、マイクを奪う子もいた(笑)気にしないで」

と、声をかけてくれたり、
子どもたちに、
ミカンを与えてなだめたりしてくださるのだが、
こちらは、気が気でない。
子どもの叫ぶ、
一声一声に、胃袋が締め付けされそうになる。
登壇者として、子どもを連れてくることと、
傍聴者として、子どもを連れてくることの違いを、
思い知らされる。

集会は、終了。
長い時間であった。
聴衆が立ちあがり、
帰路に着く中、
5、6人の年配女性が、
流れ作業のように、私に声をかけてきた。
…冒頭に、
お叱りを受けたと書いたが、
中には、
お叱りという性格を越え、
忘れられないような、言葉もあった。
言う方、言われる方、
双方が不幸だった。

私は、
返す言葉もなく、
本当に、ポロポロと涙を流し、
泣いてしまった。

******************************************

何故、いい歳をした中年男性が、
人前で涙を流し、泣くのか、
疑問に思われるかもしれない。
確かに、
自身の身の上だけに起こったことなら、
泣きはしないだろう。
この世に、
もっと大変で辛いことは、ゴマンとある。
泣くようなことではない。
「すみませんでした」
で、済むことだろう。

だが、
私の涙は私だけのものでは、なかった。
私は、
多くのママ友から、
政治に参加したくとも、
子育ての困難さから、
勉強会や演説会に行くことすら大変だ、
諦めなければならないことも、多い、
と、いう声を聞いていた。
それは、
ここに書ききれない程の、多くの声だ。

こういう所に来るのなら、
子どもは預けてきなさいと言われても、
預け先が見つからないママもいる。
預け先がない、ママもいる。
シングル・マザーの方もいる。


ママ感性は(実際にママでなくても)、
政治の世界になくてはならないものだ。
命を産んだママたちは、
政治が、
命を奪うような方向に、向かっているのだとすると、
誰よりも早く、
その危機をキャッチする。
命をかけて、命を産んだ、
困難と責任と感性がそうさせる。
ヘ理屈と言いまわしが支配する、
危なっかしい、
男性主導の政治を、変えてゆく。

現代のママや女性だけでない。
過去、
ほんの少しの過去、
選挙権すらなかった女性たちの、涙の歴史。

「子どもを産み、育ててさえいれば良い。
 女性にしか、できないから
(育てることなら、男にだってできる。
 主夫の私が、それを証明している)」
という、牢獄に閉じ込められ続けた、
女性たちの涙。

***************************************

混乱の中、
場に残った、二人の年配女性と話をした。

私は、

「話を聞くことが、大変な方もいらっしゃるやろうに、大変、ご迷惑をおかけしました。自分は、子育てママと、子どもがこういう場所に来て、政治に参加しても良いと思えるようにしたい。でも、今日はそれをするのに、用意が足りなかった」

と、お詫びと共に、
自らの在り方をたどたどしく伝えた。

「でも、場所はわきまえなアカン、預けるか何かしな、アカン。こういうところで、うるさくしたらアカンことは、あなたが子どもに、ちゃんと教えなアカン。のびのび育てるのと、これは違う。わからないまま育ってしまったら、この子たちはどうなる?」


彼女たちは、こう答えた。
私たちは、何度か言い方を変えて、
やり取りしたが、
基本的に、
この繰り返しだった。
全くの平行線であった。

「お母さんは?お母さんは?いはらへんの?」
この言葉は、辛いものがあった。
(単に、別行動をとっていただけのことだった)

ひとまず私は、
これ以上の対話をあきらめた。

この時は、
対話ができないことが、悲しく、
正直、かなり取り乱していた。
しかし、
当然のことだが、
私に注意してきた人たちは、
私の子どもに、何の責任もない。
そもそも、性格的に
子どもが好きな人もいれば、
キライな人もいる…。

(私など、むしろキライな部類ではないだろうか)

******************************************

最近、
私は子どもふたりに、
折り紙を買い与えた。
たくさん、入っていたので、
1セットで充分だと思い、
「これをふたりで分けて、遊び」
と、伝えて子どもたちから、離れた。
10分経ち、
ふたり共が、泣いている声がする。
「どうした、折り紙はたくさんあるやろ」
と、声をかけると、
「金色が一枚しかない、ボクが欲しいのに(下の子が)取ろうとする」
と、上の男の子が泣きべそをかいて、言う。
余裕があるときは、
下の子(妹)に、
優しく、自分のおもちゃや、お菓子を分け与えるお兄ちゃんだ。
だが、珍しく、
金ピカの色紙が、どうしても欲しいと言う。
それは、そうだろう。
ひとつしかないものは、奪い合う。

私は、考えた末、
金色の折り紙を、
四分の一の正方形に、
切り分け、
「小さくなったけど、これでひとり二枚ずつになった。どうや?」
と、聞いた。
ふたりは、
(まあ、仕方ない)
と、いう風に、
完全に欲求が満たされたわけでもないだろうが、
一応の納得をして、
再び、遊び始めた。 

******************************************

同じことだ。
ひとつしかないものは、奪い合う。
ひとつしかない場所では、どちらかが邪魔になる。
どちらも、悪くない。
注意した方が、悪いはずはない。
私も、悪くない。

さてここからは、
特に、
政党関係者の皆さま、
何らかの形で関わる方(私も含めて)
に、お伝えしたいと思うのだが、
子育て世代の支持者を、
定番的に獲得することは、
政党にとって大きいと思う。
キレイごと云々ではなく、
損得の問題。
(単に、トクだと思う)
支持者も、アイデアも増えて、イメージアップになる。
「あそこなら、子ども連れOKの催しが多い」
と、イメージされ、
支持を広げることは、
必ず、大きな利益となる。

やらなければならないことは、
「良いもん」
「悪もん」
に、分かれないようにするための、
態勢を整えること。
冷たい言い方だが、
良し悪しの問題で、議論を始めても、
モメ事に発展するだけの可能性が、高い。
主催する側が、
「お客さん」を呼び込む、
純粋な戦略として、
設定をしっかりと行うのだ。
さらに冷たい言い方だが、
設定する時点で、整理されたやり方さえあれば、
人情は特に必要なく、解決は後からついてくる。

例えば、演説会などでは、
簡単でも、
毎回、キッズスペースを用意する。

ゴザ、敷物。
絵本(想像力の発達や、平和教育に関するものなら、なお良いのでは)
お絵かき帳。ペンや色鉛筆。
ブロック。
ラキュー。
線路のおもちゃ。
アナログ・ゲーム。
デジタル・ゲーム。
DVDプレイヤー。
人数にもよるが、
大人の目がひとりあれば、安心。
だが、大人ひとり確保するのは、大変なことだ。
人がいないときは、
親と小さい子が過ごせる場所を、
やや離れたところに用意するなど、どうだろうか?。

子どもの参加がゼロで、
例え、空振りの日が続いても、
マメに続けることが、大事だと思う。
客が、ひとりも入っていない、
車販売店にも、
がらんとしてたキッズスペースは、
常に存在する。
窓口をいつも、開けていなければ、
営業行為にはならない。
告知物には、必ず
子どもOKの案内を載せる。
集まりの主旨や、会場スペースの関係で、
子ども不可の場合なら、
不可の案内も、必ず載せる。
(参加の可能性は、どこまでも探って欲しいものだが…)

あと、登壇者から、
子どもが、場にいることを肯定的に捉える言葉でも、
一言あれば、イメージがさらにアップする、
と、思う。
ワザとらしいようだが、
サラリと、触れてもらうと、
マメな心掛けそれ自体に、
関心するものだ。

繰り返すが、
ママ感性は、政治の世界に絶対必要だ。
ママや子育て世代が、
子どもを預けでもしない限り、
政治参加ができないということほど、大きな不利益はない。
子どもを抱っこして、
議会に入る、代議士が見たい。
(写真でしか、見たことがない)
議会が神聖な場所というなら、
子どもがいる場所こそ神聖なのだから、
両者は、全く同じものだ。

そして、
子どもの声のため、
年配者の政治参加が妨害されることなど、
あってはならない。
経験とは、勝るもののない貴重な財産なのだ。

(中には、ホンマに自分勝手な保護者や、
 イジワルなだけの、年配者もいるかもしれないが、少数だろう。
 それは、もう仕方ない。私は、そこまでにヒドイ人は、まだ見たことがないが) 

望むのは、あくまで共存だ。

******************************************

僭越ながら
男親が、
子どものことで、
集会でお叱りを受ける体験をした、
というのは、
悪くないことだと思う。
私と、似たような体験をしたママがいるとすれば、
無理に、互いの立場を検証したりせず、
悔しい気持ちのままで、良いと思う。
文中にも書いたが、
男とは、無念の歴史が違うのだ。
ひとりの涙ではない。
せめて、
歴史の中で、権利を行使し続けてきた、
男性陣が、さまざまな解決を検証し続けることが、
バランスなのだ、
と、私は感じている。

******************************************

(*政党関係者の皆さま、もしくは関わりが少々でもある方、
 この文章、資料やレジメにいかがでしょうか?
 是非、使ってください。
 文責は、私ですが、
 ここがオカしい、納得できない、治した方が良い、
 とかあれば、応じますよ!
 小○シンジロー氏などは、
 もうかなり、子連れでの政治参加について、
 研究を進めているみたいですよ!
 遅すぎるなんてことは、ありません。
 中身で勝負ですよ!*)

 なんてネ。