タロウの音楽日記

日々の音楽活動に関する覚え書きです。

自作曲「ロスト・ジェネレーションのうた」宣伝&ライブのお知らせ

こんにちは、太朗と申します。

今日は、自作曲の宣伝をします↓
一番最近作ったもので、
共作も含めて、オリジナル曲としては、
27曲目です。

タイトルが、

ロスト・ジェネレーションのうた」↓
https://www.youtube.com/watch?v=ZFIn1ZgyYEA&t=23s

(今はこのYouTubeに上げたヤツよりかは、上達しているはずです…)
f:id:tarouhan24:20190630233039p:plain

と、言いましてね。
タイトルそのまま、
私を含めた、
現在40歳前後、
ロスジェネ世代の、窮状を歌ったもんです。

ただね、この曲長いんですよ…
やたら。
駆け足で歌っても、13分くらいかかります。
テーマがテーマだけに、
余程ストレスが溜まっていたのか、
言いたいことが、たくさんあるみたいですね。

まずもって、歌詞が長い。
そもそも、
長くなりそうなことは、
制作する前からわかっていたので、
曲ではなく、
ラップか、
朗読にするつもりだったんですよ。

ところが、
朗読かラップにしても、
長いんですよね。
これでは、
とても聴いてもらえないということで、
泣く泣く、
少々メロディーをつけることにしました。

結果的に、
短い曲を10曲くっつけて一曲にした、
ザ・フーの「ア・クイック・ワン」
みたいな、ミニオペラ形式になりました。
つまりウクレレ・オペラですよ!

10曲同時作曲みたいに、
なってしまいましたからね。
キツかったですよ。
いつも楽曲は、
ほとんど思いついてから、
数時間くらいで、
サササ~って作ってしまうんですが、
これはさすがに一週間以上かかりました。
頑張ったでしょう?
なので、今回ばかりはアピールしますよ~

以下、自負している曲のポイント3点です!↓

①歌詞が、おかしい
歌詞を作る教育を全く受けていないので、無茶苦茶です。
韻を踏むとかリズム感とか全く考えず、
自己体験をつらつらと書いているので、
既成の慣用句や、スマートな語感に沿った、
カッコ良さが全くありません。
なので言葉の印象としては、
野暮ったいですが、
でも、それこそが本物のロックなんです。
今では、当たり前のようにカッコよく見えることも、
登場したときは、
野暮ったかったんです。
ヨイトマケの歌」しかりです。
(あれはシャンソンですが…)
私は、
ウクレレも歌もド下手ですが、
カッコいいのだけが、取り得です。

②異様に視野がせまい
この歌には、普遍性のカケラもないです。
世代限定、
しかも期間限定、
これほど排他性の強い歌というのも、
中々無いのでは?
と、思います。
そうは言っても、
出来るだけ多くの人に歌を聴いてもらいたいので、
(大矛盾ですが)
こうして宣伝したり、
自分である程度解説したりしてます。

③あきらめが早い
世間的な風潮は、
人間の持つ可能性の追求や、
あきらめない精神、
DIYにあると、
私は感じているのですが、
この曲の歌詞は、
とっとと諦めたり、
人に投げたり、
早々に限界を感じたりです。
身の程を知るというのが、
重要なテーマのひとつになっているんですよね、
…あんま無いパターンやと思います。

こんなところでしょうか?

【告知】
で、
今度、ライブです!
いつも路上の私の、数少ない公式ライブです。

7月7日(日)午後3時半~5時半
京都市伏見区西浦町は、
‘喫茶うずら’にて行われる↓
https://www.cafe-uzura.info/

「ふしみ政治カフェ」で歌います。

まあ、参加者同士がたらたらと、
喋ったり喋らなかったりする、王道の政治カフェです。

テーマは「高すぎる学費・奨学金問題を考える」です。
やりたかった問題です。

日本共産党のやまね智史市議(主催!)と、西山のぶひで府議が、
参加です。
バンドが無い私ですが、
リスペクトする友人でもある、
このお二方とは、バンドを組んで演奏するようなもんだと、
勝手に思ってます。

ウクレレ&歌、市会議員、府会議員という、
バンドが織りなす政治カフェに、どうぞ遊びに来てください!

そんな感じかな。
(参加費はワンオーダー制です。うずらのコーヒーとカレーは最高ですヨ)

お待ちしてます。
旧交温めたり、
まだ見ぬ人との出会いがあればいいな~
怪しいですね…

当日、
今回宣伝した、
ロスト・ジェネレーションのうた」も歌う予定ですし、
私からは、歌詞を紙に印刷して、
参加者の方にプレゼントしようと、思ってます。
いらん!



【歌詞です】↓

♪ロストジェネレーションのうた 作詞作曲:太朗

ロスト・ジェネレーションのうた①】
ロスト・ジェネレーション 心開けよ ロスト・ジェネレーション 正直になれ
ロスト・ジェネレーション 団結はせずに ロスト・ジェネレーション 世界に語れ

【②1997年のラップ】
1997年!1997年!1997年!22歳 若かった
オレの時代は就職氷河期
オレはそんなことわかっていなかった
若い人はもう知らんだろうけど
ポマード頭の橋本首相が
緊縮財政か? 景気拡大か?
消費税を3%から5%に上げるのか?
で悩んでたけど
実際問題
派遣バイトのオレの時給は変わりはせず
そんな中
山一証券が倒産して
社長が泣いているのをテレビで見て
ああオレは やばい時代の世代なんだと実感した

【③自己紹介フォーク1】
自己紹介が遅れました。私は太朗と申します
43歳のロスト・ジェネレーション
運良く結婚して子どもがいて
生活に苦しみ続けています。
今まで何をしてきたかと申しますと…

工場作業員、 ゲームセンターの店員、 スーパーの店員、
レコード屋の店員、 主夫、 介護職員、 その他もろもろ、いろいろやってきました…
今までの月給白状します
最初に勤めた鉄工所
自衛隊のミサイルを作ってた
派遣職員 身分保障なし
月給手取りで31万
人生でもらった最高の金額


武器を作るのイヤ気がさして
ゲームセンターの店員になったら月給半分の16万
スーパーの店員になったら15万、 レコ屋の店員なんか12万!

【④ロスト・ジェネレーション
ロスト・ジェネレーション  ロスト・ジェネレーション
マジメに生きてたわけじゃない
だけどサボってたわけでもない
マジメな同級生ですら
面接落ちて 何度も落ちて 落ちまくって 何度も泣いた
マジメなあの子とボンクラのこのオレが同じ扱い
どう見てもおかしい
ロスト・ジェネレーション ロスト・ジェネレーション ロスト・ジェネレーション

【⑤小泉政治を許せないブルース】
何とか仕事にありつきたくて  パソナに登録したこともあった
(殺虫剤を飲んだようなものだ)

オレの名前と年齢は     未だに竹中平蔵の手の中にあるのか?
小泉純一郎に競争させられ  貧乏人同士が戦わされた
優しい心を全て殺され    自分の子孫も残せない
人口減って当たり前     年金消えて当たり前
小泉政治を許せない…

【⑥自己紹介フォーク2】
自己紹介に戻ります
上から目線の インテリ左翼は

搾取される 労働力って、
オレのことを言うけど 
オレには人の手足になる
それ以外に選択の余地はなかった

紙切れみたいな薄っぺらい人生。
積み上げたものは何もないし
専門知識も技術もない
年をとればとるほど就職からは遠ざかり
その日暮らしで子どもを必死になって育てる
政治家が公約をかかげたり、
評論家が分析をするたびに、
あんたは何人目の
詐欺師なんだと思えてしまう
オレの時給は上がらない
どころかどんどん下がっていく
メイドインチャイナの服を着て
アメリカ産まれのゲームにどっぷり    日本はとっくに死んでいる…

【⑦失業者のボサノバ】
40過ぎてやっと就職
ジョブカフェで見つけた福祉の仕事
肉体労働の介護職
月給20万で大喜び
やる気があるなら誰でもウェルカム
初めてのボーナスをもらったと思ったら、
年下先輩のパワハラにあって
心を病んで退職したよ
下の世代から見たら
体力も知識もない
役に立たないオッサン
上の世代の方は
バブルの終わりに
会社に拾われ
反体制のフリした社畜

社畜をバカにしていたオレが
今では社畜に憧れている
ホントは、
上の世代も
下の世代も敵ではないよ
ただオレを理解して欲しい
ただオレを評価して欲しい
ロスジェネを忘れずにいて欲しい…

【⑧ひきこもり中年のラップ】
新聞に出てくる中年ひきこもり
何をしでかすかわからない扱い
全く他人事じゃない
だから必死に外に出ている
どうして良いのかわからなくて
ただ歩道で立ちすくんでいる
何でも良いからとバイトをしたら
体を壊すことくらいわかってる
胡散臭い東京オリンピック
ボランティアをやって飢え死にするか
オレの同世代未だにバイト
40過ぎても落ち着かない
未だに不安の中にいるよ

政治家が公約をかかげたり、
評論家が分析をするたびに、
あんたは何人目の
詐欺師なんだと思えてしまう
オレにはこの世を救えない
恥をしのんで人に投げてる
良いやり方でも考えとくれ

安倍晋三でも
山本太郎でも
日本共産党でも誰でもいい。
そろそろ頼って良いだろう
ずっと自己責任で生きてきたんだ
助けを求めてもいいだろう?
あんた方のメシの種や
自己満足の道具じゃないだろうな?

【⑨歌を歌うよ】
歌を歌うヒマがあるなら
仕事を探した方がいいかも
けど今歌を歌わなければ
世代の苦しみ誰が歌う?
街中で歌っても、帽子に金はたまらない
街中で歌っても、帽子に金はたまらない
それでも歌うんだ
自分の言葉で 自分の言葉で
ひとりひとりが 自分の言葉で
自分の言葉で 自分の言葉で 自分の言葉で

【⑩ロストジェネレーションの歌2】

ロスト・ジェネレーション ロスト・ジェネレーション
心開けよ 正直になれ 団結はせずに 世界に語れ