たろうの音楽日記

日々の音楽活動に関する覚え書きです。

6月4日~適応障害ツアーの終わり、歌い続けることについて~

ずいぶん長いこと、
ブログを更新しておりませんでした。

理由は、
現実生活のヘビイさに押しつぶされていたからです。

このブログを何のために書いているのかも、
わからなくなり、
そもそも、
ブログとは一体何だったのか?
そういうところから、
思い出さなければならない破目になり、
中々、パソコンのキーボードを叩くことが、
できませんでした。

そもそも、
ブログは、主夫日記だった…
生活のために就職して、
音楽活動を始めて、
音楽日記になり…
そうだ、
職場の介護施設パワーハラスメントを受けて、
心療内科適応障害と診断され、
休職することとなり、
どうにも立ち行かなくなり、
適応障害ツアー」と銘打って、
あちこちで歌い始めたのだ。
自主的に歌ったり、
無理やりねじ込んだり、
招待して頂いたり、
伏見大手筋や、河原町近辺の路上、ライブハウスのオープンマイク、喫茶店、保育園、丸山音楽堂、デイサービス、マルシェ、
なんや…結構歌ってるやないか。

ある意味、
このツアーが始まった(始めた)ときには、
龍が天にも昇るような気持ちでした。
生活が余りに、
どうしようもなかったから、
選択の余地がなかったんです。
歌うしか、なかった。

だが、
次第に現実という魔物に捕えられ、
「一体お前は、どうやって食べていくのだ?家族を支えるのだ?」
という、
当たり前の問いは、私を押し潰さんばかりでした。
天に昇っていた私は、
地の底まで沈みこんだのです。
本当に落ち込みがひどい時は、
ツイッターをするくらいしか、
出来ませんでした。

こう書くと、
まるで躁鬱のようですが、
どちらかというと、
現実の壁にぶち当たっての、
その度の心身の反応、といった方が正確な気がします。

現実今どうなったかというと、
私は休職していた介護施設を退職することになり、
今は求職中です。
自分の人生は、
何故こうも不安定なのか?
ここを問い、
苦しみ、
楽しみ、
そして、
乗り越える方法を模索し提案することも、
また歌であり、
歌にとどまらないかも知れません。

↓悶々としながら書いた、「生活のうた」という歌です。
https://www.youtube.com/watch?v=BCJNuBUpvFU&t=5s

退職するに至っては、
職場とは、
何度も様々な話し合いをしましたし、
具体的にどのような話がなされたかは、
すぐには言えませんが、
自分のために、
相手のために、
施設のために、
社会のために、
出来る限りのことをやり尽くし、
ベストな選択をしたと思っています。

この間、
様々な友情や助け、
励ましの言葉や、
新しい友人にも恵まれ、
私は幸せな人間だと思っております。
かなりの勉強にもなったんです。
その成果は、
何らかの形でまたお見せできれば。

ほぼ貯金も無いなか、
(列記とした貧困です)
傷病手当や、
失業保険など、
薄板のような社会制度を利用しながら、
家庭の危機、
自己の崩壊など、
私生活の試練をどうにか乗り越え、
仕事を探し、
まだまだ生きて行きます。
当然、
ここには、
書けないようなこともありましたが。

結局、
適応障害ツアーはどうなるのか?

単に私は、
私の詩を歌い続けると思います、
歌うことに賭けるほどの才能が、
私にあるとは思えませんが、
私にはまだまだたくさん語りたいことが、
あるようですし、
あとほんの少し過去を整理したら、
今現在ここで起こっていることを、
どんどん、
言葉にして行くのが大事だと思っています。

詩や歌を作ることは、
私にとって悪夢と闘うようなものです。
社会的な課題は、
研ぎ澄まされた刃を持つ矢印のように、
私の内面を襲います。
自分が自分に、容赦ない言葉や問いかけを投げかけてくるのです。
それに対する返答が、闘いです。
闘いの汗を感じて欲しいし、
闘いの果てに勝ち取った希望を感じて欲しい。
そんな大それたことを、考えています。

私は、
ストリートの詩人になりたいし、
ストリートのラッパーになりたい。
そういうものが何なのか、
具体的にイメージしようと思いましたが、
現実世界に、
そんな人は存在しないんですね。
私が知らないだけかも知れませんが。
現実に存在しない人に、なりたいです。
現実に存在しない人になりたいなんてことを、
私が望んでいるのなら、
確かに、私は適応障害でしょうし、
適応障害ツアーは一生続くというわけです。



いやそもそも、
何がまともだなんて、
誰にもわからない。
わからないです。
うん。
そんな月並みな結論に、
たどり着いたところで、
適応障害なんて言葉に拘るのも、
もうやめにして、
これからも歌い続けようと思います。

≪そうだ、もう歌おう≫
そうですね、明後日歌おうかな。
それくらいが良い。
いつもの京阪伏見桃山駅前、大手筋商店街。
6月6日木曜日。
次は、夕方が良い。
4時~5時くらいかな。
雨さえ降らなければ…。

f:id:tarouhan24:20190604153114j:plainよい