たろうの音楽日記

日々の音楽活動に関する覚え書きです。

【ドナルド・トランプについて考える】

 
 し、ヒラリー・クリントンが大統領になっていたら、
オバマみたいなモンだったのだろうか?

一見、良さそうで実は悪い。
世界は戦争状態のまま、現状維持。
ひどいが、もっとひどくならないだけ、マシ。
ある種の人に言わせれば、弱腰外交。
良さそうな悪さが変化することなく、
続くことに耐えきれず、
トランプは票を集めたのだろうか?

パートナーの会社の取引先のアメリカ人(って言い方で良いのか?)は、
代々共和党支持者で、
クリントンは大嫌いだ、だが、トランプも嫌いだ」と言っていて、
棄権するか、因襲でトランプに投票するか、
といったところだったらしい。
何故、クリントンがイヤなのか?
その理由を知りたい。

確かなのは、
彼が本当に、大統領になってしまったということ。
オレの目には、
彼の表情やしぐさが、
多くの人がそう思うように、
腕力のあるベイビーに見える。

彼は何に興味があるのだろう?と思う。
ホントのとこ、
何にも興味がないんじゃないか?と邪推する。
大統領になったり、
多くの人の心を動かすということに、
刺激を感じているだけのような気さえする。
いまや大統領の彼は、
より大きな刺激を、求める権利を手にした。

彼にはデタラメを感じる。
彼の影響化にある世界は、
どんどんデタラメで無計画な、
不幸と幸福が訪れるのではないだろうか。
彼の政策(?)によって起こる事柄を想像してみる
…経済の混乱、
暴力、
差別、
棚からボタモチのアブク銭と、
偶然の平和。
何もかもシロウトのオレにはわからない。
一体どうなるのか?

アメリカの新聞を見たら、
拳銃による悲しい事件ばかりだ。
彼は、銃規制などする気はないだろう。
あの国は確実に、より悪くなりそうだ。

対して、オレの住んでいるこの場所や、
その周辺に、彼は興味があるのだろうか?
とても、そうは見えない。
だとすれば、
「誰が首相になっても同じ、アメリカの植民地だから」
というのが、もっと実感として理解できるかもしれない。

トランプの影響で、
オレは死ぬことはあるだろうか、と考えてみる。
可能性が低いのだとしたら、
とにかく、自分は愛するものの心を守り続けることだ。

悪い意味で子どものような人物が、
アメリカ大統領になったのなら、
あわてて、周辺の人物は大人になっていくだろう。
我々も少しは大人になるだろう。
少なくとも、
自分の不甲斐なさの良い薬にはなるだろうし、
これをきっかけに、
オレみたいなヒマなおっさんが、
一斉に愛するものを守るために立ち上がったら、
政治レベルではわからんけど、
心の世界では、
いち早く世の中ちょっとはマシになるかもしれない。

*2016年11月10日に書いた文章