太朗のSo What?

世界最強の、主夫ブログを目指します!

月イチスケッチの日

今日は、

友人で画家の、
あさちゃんが呼びかけの、
「月イチスケッチの日」に参加。
草津は志那町の琵琶湖沿いのキャンプ場へ、車を走らす。

車に乗る限り、滋賀でも少しは、アピールしたことになるか↓

f:id:tarouhan24:20170611235811j:plain

 

到着後、
友人たちへの挨拶も、そこそこに、
早速、スケッチにとりかかる。
今日の琵琶湖は、ひどく調子が良い。
波の形を捕えようすると、
自然と、波の表情が理解できる。

今日は、子どものように笑っている。

思わず、
「おお!」と声が出るほどだ↓

f:id:tarouhan24:20170612000159j:plain


杭の並びも、美しい。
杭から、描いてみる。
色もつけてみる。
あっ、白い絵の具を切らしていた。
苦しまぎれに、青と緑のみで仕上げる。

f:id:tarouhan24:20170612000359j:plain

 

自分は、色をつけることが、得意でない。
なぜだろう?
と、思う。
人から離れて、湖岸べりを散歩しながら、
はじめて、絵の教育を受けた、
美高時代から描いた、
自分の絵を、
一枚一枚思い出して、考える。

長年、引っかかっていたことだ。
なぜ、自分は絵が描けなくなってしまったのか?

デッサンが好きだった。
でも、それだけでは、どうにもならぬ。

自分が、高校生のとき専攻していたのは、
日本画だ。
日本画の下書きである、
「骨書き」の状態が、割と好きだった。
筆で描かれた、輪郭線のみの絵。
でも、それだけでは、どうにもならぬ。

「骨書き」に、薄墨を加える。
この状態も悪くない。
でも、それだけでは、完成ではない。

石の絵を描いたことが、あった。
夢中になって、模様を描いたのを、覚えている。
担当の先生から、
絵具を薄く塗って模様を潰し、量感を出すように、
指示されたが、断った。
自分にとっては、量感より、ディテールの方が、
はるかに、重要だった。
色など、ついでに塗ってるだけだった。

高校二年になって、
課題の絵のサイズが、急に大きくなった。
普通に、展覧会とかで見かけるような、
日本画のサイズだ。

ここで、まったく手に負えなくなった。
デカすぎて、描ききれなくなった。
最後に、一生懸命に描いたのは、
椿の絵だった。
形をとる楽しさは残ったものの、
色を、つけるという作業は、
完全に、わからなくなった。

なので、
ムスメ(3歳)の描いている絵を見て、驚いた↓

f:id:tarouhan24:20170612002040j:plain


素晴らしい、色彩があった。
父が何十年も、越せない壁の向こう側に、
最初から、いる。

父は、意地のように形にこだわってみる↓

f:id:tarouhan24:20170612002239j:plain

クロッキーの訓練を、

もう少し、

積んでおけば良かった。


もう一度、琵琶湖に挑んで見る。
まるで、勝負事だ。
そのたびに、負けて帰ってくる。
自分のような、描き方をしていると、
不満がつのるばかりだ。
描く前は、いつも思う。
絵の神様、どうか、ボクのこの、

ちっぽけな寂しさを、
描くことによって、埋めてください。
もっと、うまくなりたい。

波は、激しくなっている。

f:id:tarouhan24:20170612002356j:plain


スケッチは、楽しい。

楽しくて仕方がない。
絵を描くというのは、
こんなにも、楽しかったのか。
何もかも、許される時間だと思える。

自分の視覚に収まる範囲で、描くのが、
すごくやりやすい。
デカイ絵は、もうたくさんだ。
自分は、小さく描くタイプの絵描きだったのだ。

f:id:tarouhan24:20170612003022j:plain

↑火をおこす、あきさんと子どもたち。

たくさんの先生に、絵を教わったが、
さほど、仲良くもない先生が、
「自然を描いていて、それが壊されるのを見ると、心が痛む」
と、言っていた。
当時は、何とも思っていなかったが、
もし、この表情豊かな、琵琶湖が、
放射能で汚染されたらと思うと、
心が痛むどころでは、すまされない。

人間にとって、
本当に必要なことが何かを実感したければ、
軽く、スケッチをすればよいのだ。

「お父さんは、いつものことを、描けばいいねん」
これは、ムスコの言葉だ。

そのムスコは、

f:id:tarouhan24:20170612003626j:plain


とにかく、お姉さんと遊ぶのが、

楽しかったようです…

帰宅して、
今日描いた絵を整理してたら、
過去に描いたのが、
出てきた↓

f:id:tarouhan24:20170612003752j:plain

そのまま、描いたのだ。
これ以降、
さらなる悲劇が、どれくらいあったのだろう?
今も、あるのだろう?

沖縄の海、福井の海、京丹後の海、
描きたいです。
いつか、スケッチ旅行に行きたいです。